沿革

1988年 「株式会社カプチーノ・デザート」を設立
1994年 飲食事業の撤退
94.11 KNJネットワーク事業部発足
96.01 米Hansoft社と代理店契約及びデータコンバートプログラム開発
96.03 (財)京都高度技術研究所よりベンチャー企業育成支援の対象企業として認められ研究所に入居
96.05 京都情報基盤協議会会員
96.11 大阪府立産業技術研究所SEISプロジェクトのネットワーク構築
98.01 (財)京都産業情報センタ北部アクセスポイント構築
98.03 京都中小企業総合センタ大宮町出張所とのネットワーク構築、京都発明協会のインターネット接続環境構築
98.07 (財)京都産業情報センタ南部アクセスポイント構築受注、社名を「株式会社アネット」に変更
98.09 愛知県小牧市の「santec株式会社」と社内ネットワーク・基幹システム構築、保守契約締結
99.09 santec(株)にて営業支援システム(SFA)-Pivotal Relationship 導入
00.04 santec(株)にてLotusノーツ導入、日・米・英の3地点マルチリンガルのナレッジマネジメントシステムを構築
01.07 santec(株)にてSAP R/3短期導入プロジェクト主導
02.01 santec(株)にてERPシステムカットオーバー、生産システム導入において初の6ヶ月間短期導入を実現
02.10 遠隔支援ソリューション「RemoteCall」の販売契約を韓国Rsupport社と締結
03.03 santec(株)とRemoteCall販売委託契約を締結、以降はsantec(株)が販売代理店となりアネットは技術営業支援を行なう
05.02 大手SI企業にてRemoteCallが推奨商材として取扱いを開始
06.04 東京都大田区羽田に連絡事務所を設置、この時点で国内大手PCメーカー3社が遠隔支援システムとして RemoteCallを採用
07.02 リモートアクセス製品「RemoteView」のASP販売を開始
07.05 東京都大田区羽田に本社を移転
09.07 東京都大田区上池台に本社を移転
10.07 大手資産管理ソフトのリモート接続機能としてRemoteCall API版の提供開始
11.09 東京都港区六本木に本社を移転
11.11 大手SI企業が販売するリモートサーバ保守サービス専用RemoteViewサーバを導入・運用開始
14.04 Amazon、sakura等クラウド環境を利用したRemote製品のプライベートサーバの構築・サービス提供開始
15.07 米国ScreenConnect社とパートナー契約締結(現 ConnectWise,Inc.子会社)
15.08 旧公団向けRemoteWOLプロジェクト導入
17.06 大手銀行向けリモート支援システムをプロジェクト導入
17.09 Connect サービス部門をスタート、「ConnectWise Control」の販売開始